大本山總持寺祖院、正しくは諸嶽山總持寺と言い今から約7百年前元亨元年(1321年) 瑩山紹瑾禅師によって開創されました。
翌元亨2年夏禅師に帰依された後醍醐天皇は綸旨を下され、總持寺を勅願所として「曹洞賜紫出世第一の道場」と定められました。
その後寺運益々隆盛を極め全国にその末寺1万6千余を数えるに至りましたが、明治31年4月13日不幸にして災禍により七堂伽藍の大部分を焼失しました。
これを機に布教伝道の中心を神奈川県横浜市鶴見に移しました。
当院は、祖廟として次々に堂宇が再建され、山内約2万坪の境内には焼失をまぬがれた伝燈院、慈雲閣、経蔵などのほかに七堂伽藍も再建されました。
 山水古木と調和し、風光幽玄な曹洞宗大本山の面影をしのばせ、一大聖地として現在に至っています。



 

◆お寺の紹介は⇒こちらから(曹洞宗石川県宗務所ホームページ)

 アドレス http://www.sotozen-net.jp/

 
曹洞宗大本山總持寺祖院 
〒927-2156 石川県輪島市門前町門前1−18−1
TEL 0768-42-0005 / FAX 0768-42-1002
copyright(C)Daihonzan Soujiji Soin allrights reserved